ホワイトニングを行う上で押さえておきたいポイント

ホワイトニングを受けるうえでの注意点

ホワイトニングをする前にまず注意しておきたいことは、漂白効果は永続しないという点です。
有効な期間としてはおおよそ半年から1年くらいで、前述した通りホームホワイトニングの方が効果が長く持続する傾向にあります。
さらにホワイトニングは歯に行う施術ですので、虫歯や歯周病などの疾患がある場合や極端に歯垢や歯石が溜まっている場合は、悪影響が出たり処置自体が行えなかったりするケースがあります。
逆に、フッ素コーティングなどの歯の防護処置をしている場合もホワイトニング剤の浸透が上手くいかず処置できないケースもあるようです。
ただしホワイトニングを行った後であるならば、フッ素コーティングは汚れや着色を防ぐ手段としても有効なのでむしろ推奨されています。

どんなときにホワイトニングするべき?

ホワイトニングは効果が恒常的に持続するわけではないので、常時ホワイトニングを行うという方針の人以外は施術を行うタイミングも重要になってきます。
推奨されるタイミングとして挙げられるのは、虫歯や歯周病の完治後か歯石や試行の除去が終わった直後です。
疾患や汚れはホワイトニング処置にとって妨げになるので、逆に言うとそれらを治療し終わったあとはホワイトニングの効果は最大限発揮されることになります。
他には結婚式などの重要なイベントがあるスケジュールに合わせて施術を行うという方法もオススメです。
ホワイトニングは施術直後が最も白くなるので、イベントの直前に処置を行えば歯が一番綺麗な状態で出席することができます。


この記事をシェアする